健康的でメンテナンス不要なシロアリ予防(西明石 木の家)

健康的でメンテナンス不要なシロアリ予防(西明石 木の家)

今回は木造の建物で最も重要な内容の一つを紹介します。

 

それはシロアリ対策です。

 

従来の合成殺虫剤を撒く方法は空気を汚し、体に悪影響を及ぼすシックハウスとなる方法です。

ですから弊社は効果が無くならなく、人体に無害でありながら、シロアリをしっかりと予防するホウ酸を床下から屋根まで全棟に処理する事を標準としています。

 

全棟に処理する理由は乾燥した木材に巣をつくるアメリカカンザイシロアリの対策をするためです。この白蟻は屋根裏からでも入ってきます。

 

皆さんは薬を床下だけに数年おきに撒いていれば大丈夫と思っておられませんか?実はここに専門業者も言わない盲点があります。

 

詳しい内容は後半に書きます。気になる方は最後まで読んでください。かなり重要な事です。

 

さて、西明石の木の家新築のシロアリ予防であるホウ酸処理工事の様子です。

 

ホウ酸は水に溶けるので、建物はブルーシートで覆って雨が降っても大丈夫なようにしています。

下の写真は2階の床に噴霧しています。見てのとおり、業者はマスクも防護服も着ていません。人体に無害という事はこのことからもわかります。

屋根裏にもきっちり噴霧します。

床下の土台やコンクリートの基礎も、もちろん噴霧します。

壁も噴霧します。

これから設置される下地の床板や下地の木もきっちり噴霧します。

外部の屋根の下(軒天)もきっちり塗布します。

屋根の下は雨に濡れるかもしれませんので、杉板で覆います。

下は完成の外観。ホウ酸は乾くと白くなるので、杉板で覆うと美しく仕上がり、かつ雨から守る事もできます。

このようにもれなくシロアリ・防腐処理ができました。

 

 

さて、弊社がホウ酸処理を採用した経緯です。

この方法が出るまでは木造をやめようかと思ったほど大きな内容です。

 

まず、シロアリの生態の話です。ここから虫の写真が出ますので、心してください。重要な内容ですので頑張って最後まで見て下さればと思います。

 

日本のシロアリは地中から這い上がってきます。いやいや羽蟻が飛んでいるじゃないかと思われるかもしれませんが、日本のシロアリの大多数のヤマトシロアリは猛暑が嫌いですので、真夏は暑くなりにくい、土中に移動しますし、少数派のイエシロアリも地中に巣を作ります。

日本のシロアリは太陽と風と乾燥が大嫌いです。逆に温くて暗くて湿気ているところが大好きです。ですから、嫌いな環境を避け、シロアリが好きな建物の隙間を通って、木にたどりつき、家を食べます。コンクリートの隙間でも入ってこれるし、暗い所から蟻道という土のトンネルをつくって自分を守りながらコンクリートを這い上がって木にたどり着いたりします。

 

ですから弊社では基礎の外周は土間と立ち上がりを1回で打設し、打ち継ぎの隙間を減らしてシロアリの侵入リスクを減らしています。基礎の仕上りにモルタルなどのセメントを塗らない理由もシロアリの好きな侵入経路を減らすためです。

 

シロアリは実は長寿命で、年がら年中生息しています。繁殖能力が高く一度住み着くと女王アリは毎日何匹もシロアリを生み、数万匹のシロアリが家を食いつぶすまで生活します。そして狭くなったら羽蟻を生んで他の住家を探します。それが春から夏にかけてです。ですからシロアリの羽蟻を見たらシロアリにだいぶん食べられている可能性が高いという事です。下がシロアリの羽蟻の写真です。

シロアリと言いますが、シロアリの羽蟻は白くないので注意してください。胴体が寸胴で腰にくびれがなかったらシロアリです。

 

こういった生態がありますので、これまで床下の通風をよくして、床から1mの高さまで薬をまいていればその対策は足りていたわけです。実際、建築基準法でも床から1mのみシロアリ予防すれば足ります。

 

しかし、とんでもないシロアリが日本にやってきました。それはアメリカカンザイシロアリです。

下の写真はアメリカカンザイシロアリの羽蟻の写真です。

これをみつけたら捕まえて、必ず専門業者に見せて下さい。弊社でも構いません。

 

アメリカカンザイシロアリは、屋根裏から侵入して乾燥材を好んで家に巣をつくります。

こうなっては今までの床から1mまでの対策ではだめです。床から柱から屋根まで対策しないと無理です。下は屋根裏で発見されたアメリカカンザイシロアリの被害の写真です。

 

アメリカカンザイシロアリは日本では1970年代に発見されました。下は日本における現在のアメリカカンザイシロアリの分布です。

我が兵庫県もしっかりと赤く塗られています。港町の神戸では毎年被害の報告がされています。

これを知った時、対策が見つからず、木造の建物をやめようかと本気で思いました。

 

アメリカカンザイシロアリの対策は新築時に床下、柱、2階の床、屋根といったように全ての構造材にし、効果が無くならない事が原則です。なぜなら、再塗布の際に壁や天井や床をめくる事は現実的にできないからです。かつ、家全体に撒くのですから、人の体に悪くない予防方法にしなければなりません。

 

そこで見つけたのがホウ酸処理です。

ホウ酸はシロアリを含む虫には効きますが、人が万が一接種しても安全なもの。目薬にも含まれています。且つ揮発しないので空気を汚さず、効果がなくなりません。

興味のある方は下記URLをご覧になってください。

https://borate.jp/blog/?p=230

 

特に日本ボレイトのボロンdeガードは専門業者が塗布するのできっちりと施工できます。これで木造の最大の欠点が克服できました。

ボロンdeガードの認定を受けている業者はまだ少なく、弊社も奈良県から来ていただいています。

 

従来のシロアリ予防業者はホウ酸処理を嫌います。なぜなら新築後のシロアリ予防の仕事が無くなってしまうからです。そのため、ホウ酸処理ができる業者はまだまだ限られています。既存住宅にもメンテナンスフリーで健康的なホウ酸処理をお勧めします。再塗布不要なので早ければ早いほど良いのではないでしょうか。ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ

新築、リノベーションのことなら
竹田工務店 株式会社

施工地域:兵庫県 明石市、神戸市、加古川市、播磨町、稲美町、高砂市、姫路市、三木市、小野市、芦屋市

TEL 078-923-5239
FAX 078-923-8288

どうぞお気軽にご連絡ください

メールでのお問い合わせはこちら