木造住宅の特長

木造建築のすばらしさ

木造建築は、古くから日本人の生活を支えてきました。特に戸建て住宅では、今も昔も圧倒的に木造が採用されています。最新の工事方法や材料が開発されている現在でも、その人気にはやはり根強いものがあります。

木の空間の特長をご紹介します。

① 木材が湿度を調整して、夏は涼しく冬は暖かい空間をつくります。

木材は熱の変化が伝わりにくいため、木造住宅の室内は外気温の影響を受けにくくなります。木材には湿度を調整する働きがあり、夏は涼しく冬は暖かい、快適な住空間を提供してくれます。木材に直接肌が触れた時には、木のあたたかさを感じることができます。

木材が湿度を調整して、夏は涼しく冬は暖かい空間をつくります。
木材が湿度を調整して、夏は涼しく冬は暖かい空間をつくります。

② アレルギーの原因を除去して、人に優しく健康な環境をつくります。

シックハウス症候群の原因物質のひとつであり、接着剤に含まれている有害物質であるホルムアルデヒドを除去し、ダニ細菌などを寄せつけないなど、アレルギー対策に有効と言われています。さらに、木の香りにはリラックス効果や消臭効果があります。また、木材は、比較的やわらかい素材で肌触りが良く、衝撃を吸収する性質があるため転倒時も安心です。

アレルギーの原因を除去して、人に優しく健康な環境をつくります。

開放的で自由な間取りが可能で、工事費用が安くなります。

木造の柱は一般的に12cm程度しかありません。大きな窓をたくさん設置するなど、間取りの自由度が増すことになります。また、木材は加工がしやすいため、後々の増改築やリフォームも行いやすく、比較的安価で手軽に工事をすることができます。

開放的で自由な間取りが可能で、工事費用が安くなります。

このように木造建築には多くの優れた特長があります。
千年以上も日本の風土で建て続けられてきた木造を今一度見直していただけたら幸いです。

木造建築に関するQ&A

Q.木は燃えやすいから火事になったら心配。耐火性は?

Q.木は燃えやすいから火事になったら心配。
耐火性は?

A.木造建築でも、防火仕様を施すことで十分な耐火性を持つことができます。

仮に火がついたとしても自己燃焼力が弱いため、燃え広がるまでに逃げる時間を稼いでくれます。
ちなみに、鉄骨は火に弱い材料です。鉄は高温になると極度にその耐力が低下するため、鉄骨造は耐火被覆をする必要があります。

Q.木造は地震に弱そう。耐震性は?

Q.木造は地震に弱そう。
耐震性は?

A.木造建築用の有効な耐震構造も開発されており、適切な設計をすれば、阪神淡路大震災と同程度の地震にも十分耐えることができます。

木造建築はその軽さから、鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりもかえって地震の影響を受けにくくなります。
また、単位あたりの材料強度では、木はコンクリートよりもはるかに強いという実験結果が出ています。

※「住まいの耐震化」もご覧ください。

Q.せっかく家を建てるなら長く住み続けたい。耐久性は?

Q.せっかく家を建てるなら長く住み続けたい。
耐久性は?

A.シロアリ対策や湿気対策を十分に行えば、木造建築の寿命は100年と言われています。

世界最古の木造建築である奈良の法隆寺に至っては、実に1300年以上もその姿を保っています。
床下換気やホウ酸処理によって、従来に比べて飛躍的にシロアリの予防ができるようになりました。
ちなみに、鉄筋コンクリート造の建物の寿命は50年程度と言われています。

※写真は全て当社施工例です。

コラム① 【木造住宅の耐震性は?】

木造在来軸組工法は、適切な工法、工事、メンテナンスがされていれば、阪神・淡路大震災規模以上の地震でも十分に耐えることができます。

コラム① 【木造住宅の耐震性は?】

阪神淡路大震災で木造住宅が甚大な被害を受けたことは、皆様の記憶にもあると思います。そのため、木造が地震に弱いという誤解が生じてしまいました。本当に木造は地震に弱いのでしょうか?

少し思い出していただければお分かりのように、鉄筋コンクリート造や鉄骨造にしても、多くのビルが全壊しました。そもそも住宅の中で大多数を占めていたのは木造です。そのため、全壊の建物のうち木造が多かったのは当然と言えます。

つまり、建物の中で圧倒的に木造在来軸組工法が多かったから被害が目立っていたという訳です。木造住宅の被害が余りにも多かったため、一部住宅会社から木造在来軸組工法の住宅は弱いと思わせるような誤った営業がされてしまいました。

コラム① 【木造住宅の耐震性は?】

木造も他の工法と同じです。きっちりとつくって手入れをしていれば、特別な工法にしなくても阪神・淡路大震災規模以上の地震に十分に耐えることができます。

木造の耐震性を確保するために最も重要なことは、床下の防腐・シロアリ予防処理です。阪神・淡路大震災で全壊となった住宅では、床下の材木が腐ったり、シロアリの被害を受けたりしていたものが多くあったと報告されています。床下については十分に通気をとることによって、湿気を少なくすることが最も効果的です。

定期的なメンテナンスにより、一般的な木造の工法で十分に大地震に耐えることができます。

コラム① 【木造住宅の耐震性は?】

当社は過去50年以上にわたり数百棟の住宅を建ててきましたが、阪神・淡路大震災による半壊、全壊は1件もありませんでした。

被害が大きかった神戸市長田区や東灘区でも多く建てさせていただきました。東灘区住吉地区での事例では、当社施工の家のみが無事で、周囲は全て全壊であったというエピソードもあります。このことからも、木造在来軸組工法が他の工法に比べて耐震性が劣っていないということが証明できます。

コラム② 【優れた木造建築を建てるために】

木造建築は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりも優れている部分が数多くあります。その優れた特性を生かすためには、職人の「確かな知識」、「高度な技術」が必要です。

コラム② 【優れた木造建築を建てるために】

木は生き物です。建築後もソリ、収縮、割れなどの変形、くるいが出てきます。
木の種類によっても適している部分、適していない部分があります。正に「適材適所」でないと良い建物はできません。

材木の誤った使い方をすると建築後、仕上げ材の割れ、窓や出入口の開閉不良等、その後の修繕では難しい不具合が起こります。
こういった不具合は建築当初では分かりにくく、数年後始めて問題が明らかになる場合もあります。その不具合を生じさせないためには、それを見極める職人の「確かな知識」が必要となります。

コラム② 【優れた木造建築を建てるために】

内装が木で出来上がった空間は何にも変えられない暖かみのある良い雰囲気となりますが、このような木の風合いを生かすような仕上げとする場合は、大工の高い技術力が必要となります。

近年では道具の機械化、部材の工場生産化がどんどん進んできており、和室のない家が増えてきていることもあり、大工の活躍の場が少なくなってきています。そのため、「高度な技術」を持つ職人が少なくなってきています。

1964年創業の竹田工務店株式会社では、長年の経験を積んだ
「確かな知識」、「高度な技術」を持つ熟練の職人を擁しています。

ご要望であれば、木をふんだんに内装に取り入れた複雑な仕事にも対応できます。

木造住宅のことなら、竹田工務店株式会社におまかせください。

お問い合わせ

新築、リノベーションのことなら
竹田工務店 株式会社

施工地域:兵庫県 明石市、神戸市、加古川市、播磨町、稲美町、高砂市、姫路市、三木市、小野市、芦屋市

TEL 078-923-5239
FAX 078-923-8288

どうぞお気軽にご連絡ください

メールでのお問い合わせはこちら