建物の防水~ホウ酸によるシロアリ予防(西明石のリノベーション)

  • TOP
  • [お知らせ, ブログ]
  • 建物の防水~ホウ酸によるシロアリ予防(西明石のリノベーション)
建物の防水~ホウ酸によるシロアリ予防(西明石のリノベーション)

今回のリノベーション工事はベランダからの雨漏りが大きな動機の一つでした。

工事前のベランダはこんな感じでした。

防水は割れて土間にヒビがあります。鉄の手摺は錆びてここからも雨漏りのリスクとなっています。

ベランダの先を下から見上げるとこんな感じでした。

上から雨が入ったせいか劣化してモルタルが剥落しています。

 

これを直します。

 

まず雨漏りのリスクがある鉄の手摺を撤去します。

通常の防水改修であれば防水業者で施工するだけですが、今回は劣化がかなり進行しているため、

木で下地を組みなおし、大工で防水の下地を作ります。根太と呼ばれる土間の骨組に水が流れるようかませ物を入れて勾配を調整し、その上に合板を張ります。以前はベランダの水が下にそのまま流れていましたが、縁に立ち上がりを付け、水を集めて樋から雨を排水します。

 

更に土間が割れにくいようケイ酸カルシウム板を合板の上に張ります。

 

その上にFRP防水をします。まだ仕上がっていませんが、この状態で雨は漏れません。表面が傷まないようこの状態で工事を進め、他の工事が終わってから、仕上げのトップコートを塗ります。

 

窓の位置や大きさをいろいろ変更していますので、外壁も全面改修します。外壁には透湿防水シートを張ります。サッシや際には防水テープを施工しています。

夏の暑さを少しでも回避できるよう遮熱効果のあるタイベックシルバーを張っています。

 

この時点で雨仕舞はほぼ大丈夫となりました。

 

ここでようやくシロアリ予防ができるようになりました。

弊社ではシロアリ予防はホウ酸処理としています。

大きな2つの理由があります。

ホウ酸処理は

  1. 人体に無害
  2. 効果がずっと持続し、再シロアリ予防が不要

逆に言うと多くの業者で採用されている農薬系のシロアリ予防は体に悪く、効果がほんの数年でなくなるという事です。そのためまた5年後にお金を出してシロアリ予防工事が必要になってしまいます。ホウ酸処理はこの出費がとご負担が不要となります。

しかし、ホウ酸は水に溶けやすいので、先に建物の防水処理が必要だったという訳です。

ホウ酸処理によるシロアリ予防工事の様子です。

見ての通り人体に無害ですので、職人はマスク等をしていません。

関西でもホウ酸処理ができる業者はあまりいません。

ホウ酸処理は再シロアリ予防が不要ですので、シロアリ予防業者が採用を嫌がるからだそうです。

ご興味のある方は弊社までお問い合わせ下さい。

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ

新築、リノベーションのことなら
竹田工務店 株式会社

施工地域:兵庫県 明石市、神戸市、加古川市、播磨町、稲美町、高砂市、姫路市、三木市、小野市、芦屋市

TEL 078-923-5239
FAX 078-923-8288

どうぞお気軽にご連絡ください

メールでのお問い合わせはこちら